寺の住職を逮捕 自宅で乾燥大麻を所持していたか 千葉 山武

千葉県山武市の寺の住職が自宅で乾燥大麻を所持していたとして19日、大麻取締法違反の疑いで逮捕されました。

逮捕されたのは、山武市椎崎にある蓮華寺の住職、高貫学容疑者(46)で、警察によりますと、寺と同じ敷地にある自宅で乾燥大麻を所持していたとして大麻取締法違反の疑いが持たれています。
警察は19日朝、住職の自宅を捜索し乾燥した植物片7袋を押収するとともにこのうち1袋について大麻と確認できたとしてその場で逮捕しました。
調べに対し、容疑を認めているということで、警察は、所持していた経緯などについて詳しく調べることにしています。

タイトルとURLをコピーしました