雫石町で住宅1棟全焼 焼け跡から1人が遺体で見つかる

16日朝、岩手県雫石町で住宅1棟が全焼する火事があり、焼け跡から1人が遺体で見つかりました。
火事のあと、この住宅で1人暮らしをしている62歳の男性と連絡が取れていないということで、警察が確認を進めるとともに火が出た原因を調べています。

16日午前3時20分、雫石町西根で「建物が燃えている」と消防に通報がありました。

消防が消火活動にあたり、火はおよそ6時間後に消し止められましたが、警察によりますと、この火事で佐々木昌広さん(62)の木造2階建ての住宅1棟が全焼し、年代や性別のわからない1人が遺体で見つかりました。

警察によりますと、佐々木さんはこの住宅で1人で暮らしているということですが、火事のあと連絡が取れていないということです。

警察は亡くなったのは佐々木さんの可能性があるとみて確認を進めるとともに、火が出た原因を調べています。

現場は、雫石町役場から北西に5キロほどの住宅や田んぼが点在する地域です。

タイトルとURLをコピーしました