赤ちゃん遺体放置 女の容疑者「赤ちゃんを崖の下に投げた」

赤ちゃんの遺体を千葉県内の海岸付近に放置したとして、33歳と37歳の男女が逮捕された事件で、赤ちゃんを放置した女の容疑者が警察の調べに対し、「赤ちゃんを崖の下に投げた」と供述していることがわかりました。

いずれも埼玉県狭山市の職業不詳、碓井康哲容疑者(33)と無職、上田綾乃容疑者(37)は、先月1日から2日にかけて、上田容疑者が出産した赤ちゃんの遺体を千葉県銚子市の海岸付近に放置したとして上田容疑者は死体遺棄の疑いが碓井容疑者は遺体を放置するように伝えたとして教唆の疑いが持たれています。

警察の調べに対し、上田容疑者は、「東京都内で出産したあと、海岸近くの駐車場から赤ちゃんを崖の下に投げた」と供述していて、警察が現地を調べたところ、崖の斜面で赤ちゃんの遺体が見つかったということです。

上田容疑者は、先月、新庄警察署に自首し、「赤ちゃんの遺体を放置した」と説明したことから、捜査を進めていました。

警察は遺体を放置したいきさつを詳しく調べています。

タイトルとURLをコピーしました