国道を横断していた男性が軽トラックにはねられて死亡 浪江町

10日夜、浪江町の国道で、横断歩道を渡っていた58歳の男性が軽トラックにはねられて死亡する事故がありました。
警察が、詳しい事故の原因を調べています。

警察によりますと、10日午後9時15分ごろ、浪江町幾世橋の国道の交差点で、東京・杉並区に住む吉永昌広さん(58)が軽トラックにはねられました。

この事故で、吉永さんは頭を強く打ち、意識不明の重体で隣の双葉町にある病院に運ばれましたが、およそ1時間後に死亡しました。

現場の交差点には信号機があり、軽トラックは直進していて、横断歩道を渡っていた吉永さんをはねたとみられるということです。

また、横断歩道側には歩行者用の信号機があるということです。

タイトルとURLをコピーしました