山口市沖で漁船転覆 乗組員の男性1人死亡“ほかの船と衝突”

11日朝、山口市の沖合で、2人が乗った漁船が転覆しているのが見つかり、乗組員の男性1人が死亡しました。
漁船の船長は、ほかの船と衝突したと話していて、海上保安部は衝突した船を捜索しています。

11日午前7時16分ごろ、山口市秋穂の南、およそ19キロの沖合を航行していた外国船籍の船から、「漁船が転覆していて海に1人が落ちている」という通報が海上保安本部に寄せられました。
徳山海上保安部によりますと、転覆した船は、底引き網漁船の「大漁丸」4.8トンで、宇部市に住む船長の村上稔さん(59)と宇部市に住む乗組員の土屋一幸さん(59)の2人が乗っていました。
このうち、土屋さんは、船内から意識不明の重体で見つかり、その後、病院で死亡が確認されました。
また、村上さんは、海に転落したものの近くを航行していた別の船に救助され、ろっ骨を折るけがをしているということです。
調べに対して村上さんは、「漁をしていたところ、ほかの船と衝突して船が転覆した」と話しているということで、海上保安部は、衝突した船を捜索しています。

タイトルとURLをコピーしました