扁桃炎

気になる気になる

溶連菌感染症の脅威:専門医が警告する「気味の悪い動き」とは?

国立感染症研究所のデータによると、A群溶血性レンサ球菌咽頭炎(溶連菌感染症)の報告数が前週に比べて約1.4倍に増加しています。特に鳥取、宮崎、埼玉、福岡で報告数が多い状況です。溶連菌感染症は飛沫感染、接触感染、経口感染により広がり、学童期の...